2012年4月16日 (月)

桜 絶景カフェ&レストランバー@某所(大阪) その2

今年は寒かったので、去年より1週間遅れたかと思いましたが、
この2012年4月10日(火)で、葉桜30%でした。

 
(ここは去年とあまり変わらない? でも地域によりけりでしたね、今年は。
桜の種類にもよりますしね。)

テーブル席、カウンター席、ワンちゃんと一緒に居れるテラス席などあります。

我等はテーブル席にて桜ディナーセットを予約。

Photo_2

Grove_cafe_p1020833_2

Grove_cafe_p1020839

Grove_cafe_p1020837

Grove_cafe_p1020846_2

Grove_cafe_p1020847

Grove_cafe_p1020848_2

桜 絶景カフェ&レストランバー@某所(大阪) その1

今年は予約が無事とれて(去年は断念!)、夕方一番から入店。
ライトアップなど、時間と桜景色の移り変わりを楽しみたくって。

盛況時は時間制限2時間。17:00~19:00。
狙い通り、ちょうどイイ感じ!

ここは、テーブル席、バーカウンター、バー・ペット可のテラスがあります。

Dcim09851_5

Grove_cafe_p1020822_2

Grove_cafe_p1020824_3

Dcim10001

Dcim10041_5

Grove_cafe_p1020862_2

2012年2月 7日 (火)

日本料理 「西嬉」 2月

1年半以上久々にU氏と一杯bottle
ま、いっぱいでは済むわけがありませんが(笑) 

大好きな「西嬉」へ。 2月はフグを頂くのが楽しみです。

私の大好物“のれそれ”が、付き出しに。おおきにheart
P1020149

お造り盛り合わせ。 素晴らしいネタたち。P1020151

これは特別。ふぐコースの一品に、たまたまありつけました(笑) 美味すぎる……。
私の大好物、ふぐ白子。P1020152_3

フグの唐揚げ。ここのはいつも肉厚ですscissorsP1020153_2

ビール ジョッキ2杯の後(!)は、ここいらで、ヒレ酒をheart(ヒレ酒は年中ありますゥ)

P1020157_5

フグ皮ポン酢。

P1020158_2

すべて美味しいけれど、その中でも特に、絶品の、だし巻heartheartP1020159_3

やめられない、止まらない、銀杏。 プリプリ~noteP1020163

明るいうちから行っちゃいました。また一人で寄りますわっpaperP1020146

西 嬉

神戸市中央区中山手通1-20-3 / Phone: 078-242-0550
月-木曜17:30-22:30(LO)、 土曜17:30-22:00(LO)  日曜・祝日休み

2012年1月10日 (火)

広東料理「順徳」

定期的に食べたくなる広東料理の「順徳」。
ウマウマなお気に入り料理は毎回マストorder。

絶対コレ。蒸し鶏。白葱もパクチーもたっぷり~!!

P1010778

P1010779

シンガポールスタイルで、ご飯にかけたくなります。ウマウマ。
P1010780

ミル貝もたっぷりの白葱に埋まってます。香菜(パクチー)もちゃんと。P1010782

白葱に埋もれたミル貝たち。
P1010783

炒飯。美味しさで興奮状態。鼻息荒くなってきます(笑)。P1010788

数々食べてきましたが、ここのピータンは、美味過ぎる。
なぜこんなに美味いのだ?(喜びの疑問)
P1010784

人気のネギ汁そば。
一見あっさり。後口もすっきり。でも深い味です。
P1010789

食べた食べた。飲んだ飲んだ。 美味しいあまり、無口で食べ続けた後のおしゃべりタイム。
P1010793



ステンドガラスが素敵な店内。
P1010785


〒650-0012 兵庫県神戸市中央区北長狭通3-4-7
tel: 078-331-5320

 

11:30~14:30/17:00~21:00(L.O.20:30)/月休み

 

trainJR元町駅 東口 徒歩2分 

2010年5月31日 (月)

テラス@The BAR West

Xex_west_the_bar_2_20100529

The BAR Westのテラスは、今が気持ちいい。

少し寒いけど、アルコールのほてりと調度いい!
ひざ掛けを貸してくれます。

ここは、メンバー席↓↓↓

Xex_west_the_bar_20100529

傍には、水辺が。水の音を聴きながらまったり。

パラソルは、モエ&シャンドンのロゴ。

Xex_west_the_bar_20100529_2

Xex_west_the_bar_20100529_3

室内は、夜が深まるにつれて満席、満杯に。
ほぼクラブ状態でした。

Anでコースを食べた後でも、
Barでも大好物の4種のチーズのピザは欠かせない。

今夜もレスが私たちの所へやって来て、ジョークを言って去って行きました(笑)。

Xex_west_the_bar_20100529_4

bicyclebicyclebicycle

The BAR West (XEX WEST)

大阪市北区梅田2-2-22 ハービスプラザエント7F / Phone: 06-4795-0065
Lunch    11:30-16:00 (LO 14:30)
Tea Time 14:00-18:00 (LO 17:00)
Dinner   18:00-26:00 (LO 25:00)

快気祝い@aburiyaki & Sushii An (XEX West)

Xex_west_an_20100409

Jチャンの快気祝いに、いつものAnへ。

Xex_west_an_20100529

話は尽きず、コース終了後、隣のThe BARへ。

Anのテーブル席は、The BARはガラウ一枚が境界線。

20時からは、ライブも聞こえるから、最近サルバトーレよりAnが多い。

Xex_west_the_baran_20100529_3   

bicyclebicyclebicycle

aburiyaki & Sushii An  (XEX West)

大阪市北区梅田2-2-22 ハービスエント7F  / Phone: 06-4795-0065
Lunch 11:00 - 15:30 (LO 14:30)
Dinner 18:00 - 25:00 (LO 24:00)

2010年2月 5日 (金)

ブラジル料理「パイザオン」 2010-02-05

20100205

地下のレストランが、入口で露天を。
素通りできるわけがないっ。

南米料理となってますが、ブラジル料理だそうです。

ラテンアメリカといえば……の、ミートパイもあります。↓↓↓

20100205_2

サンドイッチも豊富で~す。↓↓↓

20100205_3

うひょ~っ、チキンサンドが私を呼んでるぅ~。↓↓↓

20100205_4

ココナッツパンや、とうもろこしのパンとかもありま~す。↓↓↓

20100205_5

コシニャは、中身はMIX。楽しっ、美味しっ。↓↓↓

20100205_6

ソースとかマヨネーズとかも特になく、シンプルなサンド。
チョリソでなく、普通のソーセージでした。 ↓↓↓

20100205_7 

ピザ。↓↓↓

20100205_8

コーンケーキ。↓↓↓

20100205_9

同じものが、地下のレストランで食せます。アツアツでもっと美味しいはず。

20100205_10

ブラジル料理 paizao

姫路市紺屋町38
Phone:079-288-9770
営業11:00-22:30 年中無休

JR・山陽電鉄「姫路」駅から、みゆき通りをお城方面に徒歩5分。

2010年2月 2日 (火)

最近のグルメ

Photo_4 

食べてます、呑んでます。

おとなしくなりましたが。

また、そのうちにアップします。私は元気です(笑)winebeer

2010年2月 1日 (月)

最近の映画鑑賞

Photo

観てます、観てます。

アップがおろそかになってます。

評判とは違って、見て損した映画もあれば、予想外に良かった映画もあり。

これもそのうちに、発表します。

かなりの事後報告になってしまいますが。slateslateslate

2010年1月 5日 (火)

シンガポール2009-2010

Pc_2

2008シンガポール、2009マレーシア、沖縄も、おろそかな内に、翌年に来てしまいました。

2009-2010シンガポールもそのうちにアップします。

楽しかったのは間違いないairplaneairplaneairplane

2009年10月 2日 (金)

映画「マーシャル博士の恐竜ランド」(日本語吹替版)

映画「マーシャル博士の恐竜ランド」

なぜ関西に字幕版はないの?
オリジナルとして字幕版もあるべきでしょうヨ!(せめて夜に1本お願いしたい)

全国を調べたところ、東京には字幕版がありました。ありそうな神奈川やも沖縄はナシ。

ウィル・フェレルfanとしたら、字幕以外観たくないんですけどぉ〜!

会話と表情についていけない人は字幕版が必要だとは思います。

アメリカ映画。
原題は“Land of The Lost”。
1970年代のTVドラマをベースにしたアドベンチャー・コメディです。

********************************************

監督は、ブラッド・シルバーリング。

出演は、ウィル・フェレル、アンナ・フリエル、ダニー・マクブライド、などなど。

ホリーと類人猿のチャカのくだりも最高。

Tレックスのグランピーの登場はともかく、チャカやスリースタック、ザ・ザーンの登場でふざけた感が確実に(笑)

********************************************

日本語吹替は、マーシャル博士役は、ケンドーコバヤシ。ホリー役は、ちすん。

上手いけど、役者本人の声で観たかった。英語で聞きたかった。

残念でならない。

映画「マダガスカル」同様、DVDに頼るしかなさそうね。

********************************************

日本では今回の映画は、ウィル・フェレルの映画という扱いになっていなくて、ほぼ子供向け映画扱いになっています。

単純に観たら、内容は子供向け。確かに。
筋書きも展開よく分からない(笑)

しかし、ウィル・フェレル映画ならではの会話の面白さは大人向け。
下ネタやジョーク、表情やゼスチャーなど可笑しいったらありゃしない!!
存在自体が可笑しいウィル・フェレル。
次の作品が楽しみです。

********************************************

2009年10月 1日 (木)

チャイ@ASHOKA 大阪マルビル

Ashoka200907302_2

3時にチャイ・タイム。

ドリンクだけでも気軽に入れそう。

アイス・チャイ。↓

Ashoka200907302_3

照明が可愛かった。↓

Ashoka20090730

Ashoka20090730_2

丸ビルの地下の出入り口すぐにあります。↓

Ashoka20090730_3

インド料理 ASHOKA(アショカ) 大阪マルビル

大阪丸ビルB2F / Phone:06-6346-0333
月-土 11:30-15:30 (LO 15:00) & 17:00-22:30 (LO 21:30)
日・祝17:00-22:00 (LO 21:00)

2009年9月28日 (月)

映画「クララ・シューマン愛の協奏曲」

キャッチコピーが、“シューマンとブラームス、二人の天才が魅せられた女神−−”。
う〜ん、興味深々!

また、監督はブラームス家の末裔でありながら、これまでタブーとされていたクララとヨハネとの関係もハッキリと描かれているのです!!

正直、女冥利に尽きる理想的な美しすぎる関係でしたが……。

ドイツ・フランス・ハンガリー映画。

音楽が素晴らしく、演奏中はウットリします。

********************************************

監督は、ヘルマ・サンダース=ブラームス(ブラームス家の末裔)。

出演は、マルティナ・ゲデック、パスカル・グレゴリー、マリック・ジディ、など。

クララ・シューマン役のマルティナは、今までのクララ役の中で一番リアルに感じる。

パスカルは、ロベルト・シューマンの天才音楽家ならではの繊細さと、職業病とも言える病との苦悩を激しく表現する中、しかし焦燥や嫉妬を、敢えてサラりと演じるあたりはまいりました。ルックスが難しく見えるのでちょうどよかったかも。

ヨハネス・ブラームス役のマリックは、素敵過ぎる。

********************************************

既婚中は、本当に何もなかったのかしらンと疑うのは野暮かもしれませんが、生涯クララへの愛・想いを貫いた事実は(経済的にも!)、美しすぎます。

ブラームス家が作るからこうなっちゃうの?(笑)

クララの魅力をもっと知りたくなりました。
そして、その後の2人も。これはブラームスがまだ若い頃の話ですから!

ロベルト・シューマンの最期も、かなりショックでした。

********************************************

2009年9月26日 (土)

映画「リミッツ・オブ・コントロール」

映画「リミッツ・オブ・コントロール」

待ち遠しかったジム・ジャームッシュ監督の最新作。

スペインを舞台にした、ある任務を遂行する男の話です。

正直、この作品は万人向きではないです。
どう観るかで、楽しみ方が変わってくる作品です。

夢か幻かのように映像が流れていきます。
BGMが格好いい。

ジム映画ファンは、「こんどはこうきたかっ!」とニンマリする作品だと思います。

私は楽しく拝見させて頂きました。

スペイン・アメリカ・日本映画。

********************************************

監督・脚本は、ジム・ジャームッシュ。

出演は、イザック・ド・バンコレ、アレックス・デスカス、ジャン=フランソワ・ステヴナン、ルイス・トサル、パス・デ・ラ・ウエルタ、ティルダ・スウィントン、工藤夕貴、ジョン・ハート、ガエル・ガルシア・ベルナル、ヒアム・アッバス、ビル・マーレイ。

次から次へと、有名どころや個性派俳優が登場します。
次は誰が何役?とワクワクしてきます。

主役のイザックは、ジムの映画には欠かせない人となりましたが、彼の個性の強さを全面に使った役です。

ガエルは、ジムの映画で、またイイ感じに。

工藤夕貴は、数年前から顔が変わってしまったのが悲しい。前の涼しげな顔の方がよかった。英語も台詞になると、文全体のイントネーションがおかしい。日常会話の時はあまり感じないのに。顔も台詞も、この映画では外国人としての登場だからいいけど。

********************************************

この映画は難しくはないです。
静かに何かが進んでいく……ただそれだけです。

それを素直にくみとることを覚えたのは、途中から。最初は深読みばかりしましたが、その必要がないと、途中から気づきました。傍観者のごとく眺めていればいいのです。

ラストの任務遂行するシーンで、登場したのが、ターゲット役でビル・マーレイ。彼の登場で、少し笑ってしまいました。あぁ、そうきましたか、ここで彼を使うということは……と。ジムの狙いが見えたような気がして、薄笑いしてしまいました。

あのカット割りとBGMが、頭から離れません。

********************************************

2009年9月25日 (金)

映画「ココ・アヴァン・シャネル」

映画「ココ・アヴァン・シャネル」

今年は、3作のシャネルを描いた映画が、ロードショーされるらしい。

これは今年2作目。
2人の男性との出会いを中心に、彼女の強い生き方を描いた作品でした。

フランス映画。

1作目はアメリカ・フランス合作の「ココ・シャネル」。彼女の基礎となった初期の頃と、往年の苦悩を交えて描かれた作品でした。

********************************************

監督・脚本は、アンヌ・フォンテーヌ。

出演は、オドレイ・トトゥ、ブノワ・ポールブールド、マリー・ジラン、アレッサンドロ・二ボラ、エマニュエル・ドゥボス、など。

オドレイの魅力いっぱいでした。
地味だけど何か内に秘めたものを持った、デザイナーになる前のシャネル、そして、凛とした華やかさを兼ね備えた成功したシャネル……2つのタイプを演じきりました。

********************************************

どちらかというと、シャネルの人生を知っている人向けかしらとも思いました。
説明っぽい描写はありません。

今年1作目の「ココ・シャネル」も観るならば、順序は
1.「ココ・シャネル」
2.「ココ・アヴァン・シャネル」
が良いかと思いました。二作が事実描写が違うことにも注目。

********************************************

シャネルのセンス、意志の強さには脱帽です。

女性が自立して生きることが困難な時代に、男性の力を借りますが、利益を上げるようになると借金を返すなど、依存せずに生きた人。

シャネルの生き方も含めて、彼女の服作りへの思いが、今現代のシャネルファンにも再確認して頂ける機会にこの映画がなれば、素晴らしいことだと思います。

なお、2作とも、まだ彼女の人生の、ごく一部でしかない。

********************************************

2009年9月24日 (木)

映画「男と女の不都合な真実」

映画「男と女の不都合な真実」

日本版ポスターがイマイチ&ほぼ筋書きがわかる予告編だったけど、思ったより良かったです。

アメリカお得意のスタイルのラブコメ。
ベタなストーリーです。しかし、美人があそこまでやってくれたら、下ネタ全開でも爽快です。

アメリカ映画。
原題は、“The Ugry Truth”。なんて粋で、なんて的を得ているんでしょう!

保守派には(?!)やりすぎな下ネタかな。
酸いも甘いも知った大人の発言であり、下ネタに深い意味を探す姿が、滑稽でした。

********************************************

監督は、ロバート・ルケティック。

出演は、キャサリン・ハイグル、ジェラルド・バトラー、エリック・ウィンター、シェリル・ハインズ、ジョン・マイケル・ビギンズ、ニック・サーシー、ケヴィン・コナリー、ブリー・ターナー、などスタッフもキャストも揃ってますからして、面白くないわけがない(笑)!

キャサリンは製作指揮の1人でもあります。


********************************************

ストレートで、人間クサくていい。
まさしく“The Ugry Truth”。

美人のハチャメチャ&下ネタは見るに耐えられます。髪型やメイク、ファッションにも注目。

音楽もよい。始めと終わりはノリノリに。

ツッコミとしては邦題かな。“不都合”って……いかがなものか。

********************************************

2009年9月20日 (日)

映画「キャデラック・レコード」

映画「キャデラック・レコード」

サブタイトルは、「〜音楽でアメリカを変えた人々の物語〜」。

1950-1960年代のアメリカに実在したレーベル、チェス・レコードを描いた映画です。

共同創設者のチェス・レナードとマディ・ウォーターズ、所属のスターリトル・ウォルター、チャック・ベリー、エタ・ジェイムス、ハウリン・ウルフや、アーティストのウィリー・ディクソンが主な登場人物という、とても興味深い内容。

映画ポスターや広告・チラシは、ビヨンセ中心ですが、話の内容からは登場人物の1人です。

映画ファンやブラック・ムービーファンには、魅力的な出演者が続々と登場します。

アメリカ映画。

********************************************

監督・脚本は、ダーネル・マーティン。

音楽は、テレンス・ブランチャード。

出演者は、エイドリアン・ブロディ、ジェフリー・ライト、ガブリエル・ユニオン、コロンバス・ショート、セドリック・ジ・エンターテイナー、イーモン・ウォーカー、モス・デフ、ビヨンセ・ノウルズ、エマニュエル・シュリーキー、タミー・ブランチャード、ノーマン・リーダース、シャイロー・ウェルナンデス、などなど。

ビヨンセ・ノウルズは、製作総指揮の一人としても参加。

最後に、Qティップが少しだけ登場します。

個性豊かな出演者の中、一見線の細いエイドリアン・ブロディが、存在感を見せつけました。今後ますます楽しみです。

主役を食ってしまいそうな勢いを見せたのが、リトル役のコロンバス・ショート。

わたくし個人的には、やっぱりモス・デフ。

セドリックには、ついつい期待してしまいますが、今回は真面目な役でした。

********************************************

肌の色、国籍などの差別が大変厳しい時代ですが、ポーランド人のチェスが、当時の音楽常識や人種を超えたムーブメントを起こす様は、圧巻!

それは大変な苦労があったとは思いますが、気持ちがいいくらい素晴らしい!!

彼らの偉業を知らしめる作品で嬉しいかぎりです。

多くの白人スターの誕生や音楽ルーツに影響を与えていたことは、ご承知の通り。

揺るぎない自信に満ちたパフォーマンスが見応えあります。

********************************************

2009年9月17日 (木)

映画「プール」

映画「プール」

タイのチェンマイが舞台、そして映画「めがね」の3人が出演ということでワクワクして観に行きました。

漫画家 桜沢エリカが、この映画のために書き下ろした作品です。

******************************************************************************************

監督・脚本は、大森美香。
出演は、小林聡美もたいまさこ加瀬亮、伽奈、シッティチャイ・コンピラ。

小林聡美の、飄々としたいでたちが好き。
もたいまさこは、“ザ・もたいまさこ”のままでイイ。
加瀬亮は、ホントに居そうなタイプを醸し出していて、いつもながらイイ感じ。

伽奈は、演技のヘタさが、年頃の娘役にはピッタリ。また、価値観が違う母との違いも、偶然表現できたか?!

そして、タイの少年が、可愛い。

******************************************************************************************

Photo

↑ (チラシ。背景がカラーのこのバージョンが好きheart04

タイ好きや、映画「かもめ食堂」や「めがね」が好きは、当然観ているこの映画。
この度の作品は、いろんな感想が飛び交っているようです。
わかりますとも!
良いところも、イマイチなところも。

観ている内に、あまり興味が興味がわかなくなってきて、寝てしまいました。
決して心地よいから寝たのではありません。

何が言いたいのかは分かるけれども、何だか残念なストーリー。
タイ好きがたまらなく感じるタイらしさも、スクリーンからはあまり感じられない。終始さっぱりあっさり渇いた空気感に驚くばかり。
タイの少年が登場して、実感するくらい。

******************************************************************************************

そして、やっぱり、娘役の伽奈にツッコミ入れたくなるゥ〜。着いた時の服装は、いかにも日本人旅行客らしい服装なのは致し方ないとしても、滞在中の服装も、若いのに、毎日とてもイケてない。

内面的なものを表現するために?
ゲストハウスを引き立たせるために?
あまりものイケてなさを貫き通したことに、ある意味、感服いたしました(笑)。

他の3人は、いつも通りキャラ的にも、イイ感じのダサさですconfident

******************************************************************************************

bicyclebicyclebicycle

2009年9月 9日 (水)

映画「孫文」

映画「孫文」

中華民国の建国以前、孫文の辛亥革命までの逃亡先のマレーシアを舞台にした歴史ドラマ。

原題は"Road to Dawn”。
中国映画slate

歴史に興味ない人でも、1910年のマレーシアのペナンの様子が垣間見れて、スクリーンに眼は釘付けですeye プラナカン文化、ショップハウスの町並み等、どっぷりハマれます。

********************************************************************************

監督は、デレク・チウ。

出演は、ウィンストン・チャオ、アンジェリカ・リー、ウー・ユェ、チャオ・チョン、ワン・ジェンチョン、ヴィッキー・リウなど。

孫文役のウィンストン・チャオは、映画「宗家の三姉妹」でも孫文役だったので、繋がりがよかった。「宗家の三姉妹」もよかったですもんね~。

孫文を支えるツイフェン役のウー・ユェが素敵だこと。

ダンロン役のアンジェリカ・リーは、南方系中国人の顔だな~と思っていたら、マレーシア出身だった。

********************************************************************************

中国お約束の、ワチャワチャしたシーンや、古いタッチでもたつくシーンもありますが、それ以外は良かったと思います。

映る景色・衣装・家具・小道具や、時代背景がとにかく興味深いbanana

********************************************************************************

bicyclebicyclebicycle

2009年9月 8日 (火)

映画「サブウェイ123 激突」

映画「サブウェイ123」

アメリカのお得意芸、さすが迫力ありますtraindash
ニューヨーク(NY)ロケすごっwobblysweat01

原題は"The Taking of Pelham 123"。
PelhamはNYの地名。ぺラム発1時23分の地下鉄が舞台。

アメリカ映画slate

1974年の「サブウェイ・パニック」(原題"The Taking of Pelham")のリメイク版。

**********************************************************************************************

監督は、トニー・スコット。

出演は、デンゼル・ワシントンジョン・トラヴォルタジョン・タートゥーロ、ルイス・ガスマン、マイケル・リスポリ、ジェームス・ガンドルフ、ベンガ・アキナベ、ジョン・ベンジャミン・ヒッキー、ヴィクター・ゴイチャイなどなど。

主要メンバーがニューヨークやニュージャージー出身者とまとめられていて、英語訛りにも気配りか。

デンゼル・ワシントンは、体重調整(太る)をしたのでしょうね。確かに、クールなイケメンではキャラがずれてしまう役柄でした。その完璧さに感服。

近年のジョン・トラボルタの出演作品は非常に面白い。いい役者になりました。

**********************************************************************************************

ツッコミどころも満載ですcoldsweats01

よく知っている場所ばかりが映るので、リアルかもぉ~!とドキドキしていたのに、NYPDのロード上のハチャメチャぶりで、急に 「やっぱ娯楽映画だな」 思わせます。ちゃちいぞdown

デンゼル演じるガーバーは、終始落ち着きすぎだぞっwobblysign01

ネズミの一件、ありゃヒドイdespairsweat02

そして、話の結末、それはあまりにもヒドイpoutannoy

しかし、それまでは、見ごたえありますscissors

**********************************************************************************************

bicyclebicyclebicycle

フォトアルバム

カテゴリ